一般事業主行動計画公表サイト

くるみん認定・
プラチナくるみん認定とは?

 次世代育成支援対策推進法(以下「次世代法」といいます。)に基づき、行動計画を策定した企業のうち、行動計画に定めた目標を達成し、一定の要件を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。
 さらに、くるみん認定を受けた企業のうち、より高い水準の取組を行った企業が、一定の要件を満たした場合に特例認定(プラチナくるみん認定)を受けることができます。

 くるみん認定及びプラチナくるみん認定を受けると、くるみんマーク・プラチナくるみんマークを商品・広告・求人広告などにつけることができ、子育てサポート企業であることをPRできます。さらに、公共調達において加点評価の対象となる場合もあります。

「くるみん」という愛称には、赤ちゃんが大事に包まれる「おくるみ」と「職場ぐるみ、会社ぐるみ」で仕事と子育ての両立支援に取り組もうという意味が込められています。

新「くるみんマーク」

くるみん

 平成29年4月1日より認定基準が改正されたことに伴い、くるみんマークも新しくなりました。新しいくるみんマークは上部に最新の認定年度を記載し、最新の認定をいつ取得した企業か、一目で分かるようになりました。また、星の数は、これまで認定を受けた回数を表しています。実際に付与されるマークは認定を受けた回数に応じて星の数が変わります。
 新「くるみんマーク」は新しい基準を全て満たした場合に付与されます。

3つのマークの違いについて

特例認定マーク:愛称「プラチナくるみん」

プラチナくるみん

 「プラチナくるみんマーク」は、くるみんマークを取得している企業のうち、さらに両立支援の取組が進んでいる企業が一定の要件を満たし、特例認定(プラチナくるみん認定)を受けた場合に表示できるマークです。
 プラチナくるみんマークには、マントと王冠をつけ、くるみんマーク取得企業よりも両立支援の取組が進んでいることを表現しています。 さらに、カラーは、名称でもあるプラチナ色とし、マントの色は企業のカラーに合った12色の中から選択できます。

くるみん認定申請書様式、
プラチナくるみん認定申請書様式のダウンロード

認定取得についての相談窓口

プラチナくるみん認定企業に
おける
次世代育成支援対策の
実施状況の公表様式例

Word:142KB PDF:155KB  

公表については、プラチナくるみん認定決定後、おおむね3か月以内に別添様式例を参考に本サイトで行ってください。
また、2回目以降の公表については、公表事業年度(※)終了後おおむね3か月以内に行ってください。
※事業年度とは、各企業における会計年度のことを言います。

一般事業主行動計画の例

認定取得についての相談窓口

PAGE TOP