働く方々へのお役立ち情報
Q24
私は正社員でなく、契約期間の定めがある(有期契約労働者)のですが、
どのような介護制度が利用できるの?

契約期間の定めのある従業員(有期契約労働者)でも一定の要件を満たす場合には、介護休業等が取得できます。

介護休業できる有期契約労働者は?

申出時点において、次の①~②のいずれにも該当する従業員は、介護休業を取得することができます。

  • ①同一の事業主に引き続き1年以上雇用されていること
  • ②介護休業開始予定日から93日を経過する日の6か月を経過する日までに労働契約の期間が満了して更新されないことが明らかでないこと

※「介護休業開始予定日から93日を経過する日から、6か月を経過する日」とは、例えば平成29年4月1日から介護休業の開始を予定する場合は、平成30年1月1日となります。

他に介護のために利用できる制度はあるの?

育児・介護休業法で定められている以下の制度は、有期契約労働者の方も利用できます。

    • 看護休暇、介護休暇、所定外労働の免除、時間外労働の制限、深夜業の制限、介護のための所定労働時間短縮等の措置

 ただし、入社1年未満の従業員、1週間の所定労働日数が2日以下の従業員については、制度を利用できないとする労使協定がある場合、介護休業・介護のための所定労働時間短縮等の措置・所定外労働の制限・時間外労働の制限・深夜業の制限は利用できません。
 なお、日雇従業員については、いずれの制度も利用できません。

パートタイムで働いている場合は?

パートタイムで働く場合でも、契約期間に定めがある場合には、上記と同様に、育児・介護休業法の制度を利用することができます。ただし、一日の所定労働時間が6時間以下の方は、短時間勤務制度等の利用はできません。

  • ※パートタイム労働者とは、所定労働時間が通常の労働者(正社員)よりも短い労働者を言います。
もっと知りたい方に